×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

内容証明 内容証明郵便 書き方 文例 クーリングオフ 悪徳商法 エステ解約 債権回収 敷金返還 給料未払い

内容証明110番−内容証明郵便の書き方・出し方・文例

◇◆24時間365日メール相談受付◇◆全国対応◇◆
◆◇現在無料メール相談休止中です◆◇
サイト運営:尾木行政書士事務所

トップページ 内容証明って? 内容証明の書き方 内容証明の出し方 内容証明文例
料金表 ご依頼の流れ プロフィール 個人情報保護方針 特定商取引法に基づく表示
リンク集12 行政書士相互リンク かんたん相互リンク 内容証明110番すとあ
 

内容証明作成料金表(全部お任せコース)

クーリングオフ(法定期間内) 15,000円
クーリングオフ(法定期間経過後) 21,000円
消費者契約法、特定商取引法による契約の解除 21,000円
敷金の返還請求 21,000円
給料未払い分の支払い請求 21,000円
遺留分の減殺請求 21,000円
マンション管理費の滞納分請求 25,000円
滞納家賃の請求 21,000円
加入団体からの脱会・退会届 18,000円
売掛金の支払い請求(200万円未満) 25,000円
売掛金の支払い請求(200万円以上) 30,000円
貸金の支払い請求(50万円未満) 21,000円
貸金の支払い請求(50万円以上) 25,000円
※オプション1 債務承諾書兼支払計画書の作成送付
使用例:借用書などがない場合の証拠作りに
5,000円
※オプション2 内容証明郵便と同じものを普通郵便で送付
使用例:不在持ち戻り対策として
3,000円


 上記以外の内容証明作成についてはいつでもお気軽にご相談ください。料金も事前にお見積もり致します。
 文書作成お任せコースの料金は、上記料金より3,000円引きとなります。
  上記料金以外に別途郵便料金をお客様に実費(概ね1,220円2,000円以内)負担願います。

  成功報酬は一切頂いておりません。
 クーリングオフの際、クレジット会社に送る内容証明については、別途3000にて承ります。
 オプション1、2につきましては、オプションのみのご依頼は承っておりません。
 上記料金は消費税込みの価格です。


内容証明郵便にかかる費用
通常郵便物料金
(定型郵便物)
25gまで 80円
50gまで 90円
書留料金 420円
内容証明料金 謄本1枚につき 420円
謄本1枚を超える1枚増すごとに 250円
同文内容証明については、1通は420円で、
その他は1通ごとにその半額(210)円。
配達証明料金 差出しの際 300円
差出しの後 420円
速達料金 250gまで 270円
 上記表は、よくあるパターンを簡単にまとめたものです。
例えば、A4用紙1枚(25g以内)を配達証明付きで送る場合、通常郵便物料金80円+書留料金420円+内容証明料金420円+配達証明料金300円=1220円となります。急ぎで速達をつける場合は+270円で1490円となります。詳しく知りたい方は郵便ホームページの
郵便料金シュミレーターをご覧ください。



copyright 2006-2012尾木行政書士事務所 All Rights Reserved.
無断でホームページコンテンツの一部転載、全部転載を禁じます。